治療方法は自分に合うものを選択|腰椎椎間板ヘルニアの予防と対策

病棟
このエントリーをはてなブックマークに追加

病気を早期発見

看護師

身体の中の異常を感じたら内科を受けるのがベストです。新宿では内科専門の病院もありますし総合病院もいくつかあります。予約しなければ待ち時間が長くなることもあるので病院のシステムをホームページなどで確認してから受診しましょう。

詳しくはこちら

痛みを解消する方法

患者

理学療法とブロック注射

腰椎椎間板ヘルニアにおける治療方法は、その進行具合や病変部位などにより大きく異なります。しかし、まずは安静にすることが第一です。強い痛みを感じる場合は、病院で湿布薬や鎮痛剤を処方してもらい、とにかく静かに過ごしましょう。その次の段階として取り入れられるのが骨盤牽引や温熱療法、運動療法など理学療法です。牽引は腰を引っ張る方法で、効果は人により様々ですが、一定レベルの安静な状態が保たれるといわれています。また腰椎椎間板ヘルニアの治療で広く知られているのがブロック注射です。腰椎椎間板ヘルニアの原因の1つである神経の圧迫や痛みなどが強過ぎる際に、神経に局所麻酔とステロイドホルモンを注射して痛みを止める方法です。

日常生活での注意点

更に腰椎椎間板ヘルニアが進行していて、上述の治療法では効果が期待出来ない場合は、手術を行うこともあります。これは主に飛び出してしまった椎間板を切り取る方法が用いられます。但し、手術をすれば完治するというものではない場合もありますので、ご注意下さい。また、腰椎椎間板ヘルニアの一番の治療は日常生活にあるとも言われています。腰に無理のない姿勢を心がけること、適度な運動をすることも大切です。腰椎椎間板ヘルニアの治療を行うクリニックの中には専門の運動施設(ジム)などが併設されているところもあるので、専門家の指導のもとに治療効果の高い運動を取り入れていきましょう。もちろん、これらの方法は勝手に行わず、医師の許可を得てからにしましょう。

睡眠中のいびきは要注意

医者

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が頻回に止まることです。日中の強い眠気や倦怠感、集中力の欠如に繋がり、仕事に支障をきたすことがあります。さらに心疾患や脳卒中などのリスクがあがります。上記の自覚症状がある人や夜間いびきをかいたり呼吸が数十秒止まると指摘された人は、1度病院で検査しましょう。

詳しくはこちら

切らない癌治療の最新兵器

患者

サイバーナイフとは癌治療の一つで、定位置放射線治療装置を指します。ピンポイントで患部に放射線を照射できる点に特徴があり、他の部分の損傷や負担を最低限に抑えることが可能です。ですから、手術が不可能な癌の患者さんや、長期入院が不可能な患者さんにも利用することができます。進化した癌治療と言えるでしょう。

詳しくはこちら