治療方法は自分に合うものを選択|腰椎椎間板ヘルニアの予防と対策

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

切らない癌治療の最新兵器

患者

放射線の力で腫瘍を退治

サイバーナイフとは癌治療における定位置放射線治療装置のことで、コンピューターによって制御されたロボットアームに、放射線治療装置を装着したものです。麻酔による大掛かりな切開手術を受けることなしに、癌を治療することが可能です。このサイバーナイフの一番の特徴は、腫瘍にピンポイントで集中的に高線量の放射線を照射できる点にあります。正確に病巣に照射することで、周りの組織の損傷を最低限に抑えることができるのです。また、切開手術などよりも身体への負担が少ないので、術後の回復も早く、患者さんに優しい治療と言えるでしょう。大きめの腫瘍にも使えるので、適用範囲が広いのも嬉しいところです。切り取る治療から照射する治療へ、サイバーナイフは新しい可能性を秘めた治療法と言えるのではないでしょうか。

手術ができない人の救世主

癌ができた場所やその種類によっては、切開手術が不可能、ということがあります。しかし、サイバーナイフでしたらそんな手術不能の癌にも利用することができるのです。サイバーナイフで使用される放射線は、非常に高性能なコンピューターによってコントロールされており、患者さんが動いてもその位置を自然に訂正して照射します。ですから、他の臓器を傷つけないよう、あらゆる角度から照射して、腫瘍のみを攻撃することが可能なのです。切れない癌、切るわけにいかない癌にも、サイバーナイフでしたら利用可能なことが多々あります。また、身体に負担がかからない分、入院期間も短く、場合によっては通院のみで治療することが可能です。どうしても長期入院ができない、そんな方にもサイバーナイフはおすすめの治療法と言えるでしょう。サイバーナイフの出現でますます進化する癌治療、長く苦しい治療は過去のものとなる日も近いでしょう。