治療方法は自分に合うものを選択|腰椎椎間板ヘルニアの予防と対策

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠中のいびきは要注意

医者

呼吸止まってませんか

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が止まる症候群です。無呼吸とは10秒以上の呼吸停止のことを言い、7時間以上の睡眠で30回以上または1時間あたり5回以上の呼吸停止があれば睡眠時無呼吸症候群とされます。睡眠時無呼吸症候群の方は、頻回な無呼吸のために睡眠による疲労の回復が十分に行われないまま朝を迎えます。そのため日中の強い眠気や倦怠感、集中力の欠如などにより仕事に支障をきたすことがあります。睡眠中の症状では、いびきをかくことが多い、呼吸が数十秒止まっている、夜間頻回に目がさめる、起きた時の症状では熟睡感がない、口が渇いている、疲労感があるなどがあります。睡眠中のいびきなどは自分ではわからないので家族に確認してみましょう。自分に当てはまる症状があれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

良質な睡眠はとても大切

この病気の怖いところは、日中の眠気による交通事故のリスクはもちろん、高血圧や心疾患、脳卒中、糖尿病になるリスクが健康人の2〜4倍になることです。良質な睡眠は体にとってとても大切になります。治療法は、就寝時に呼吸を助ける機械を装着して眠ります。機械が無呼吸の時に呼吸を促すように働き、無呼吸が減り日中の眠気や疲労感などの症状が改善されます。睡眠時無呼吸症候群になりやすい人は太っている人だけではありません。首の太い人、短い人、首回りの脂肪が多い人、下顎が小さい人、舌の付け根が大きい人など身体的な特徴があります。男性の方が身体的な構造上なりやすいのですが、女性でも睡眠時無呼吸症候群の方はいます。予防法として、首が短いや舌が大きいなどはどうしようもないことですが、肥満にならないように気をつけたり、就寝前の飲酒をやめることならいつでもできます。アルコールは筋肉を弛緩させ、気道を狭めるのでいびきをかきやすくなるので、控える方がいいでしょう。睡眠時無呼吸症候群の検査は、呼吸数や体の酸素数値を測る機械を装着して、一晩眠るだけです。自覚症状がある人は一度病院を受診し検査してみましょう。